気になるお尻の黒ずみは美白クリームでケアしよう

婦人

肌を美しく

ソープ

正しい使い方を

ピーリング石鹸を使った後、ヒリヒリして肌が赤くなったり痛くなったりした経験はありませんか。ピーリング石鹸に含まれているAHAには、人によって刺激が強すぎる場合もあります。もともと肌が敏感だったり薄い人や角質が少ない人は、使い方を間違えるとトラブルにもなりかねません。特に、目のまわりや唇などは皮膚が薄いので、そのような場所にピーリング石鹸を使うのは避けましょう。そして、ヒリヒリした経験のある人は、毎日使うのを避け使う頻度を減らしてみましょう。ピーリング石鹸でもいくつか種類がありますので、低刺激のものに変えてみるのも良いです。ピーリング石鹸を使った後は乾燥しやすいので、しっかりと保湿をし肌が再生されるのを助けるのも大切です。

角質を溶かして剥がす

ピーリング石鹸は、一般的な固形石鹸とは大きく異なる点があり、「溶かして剥がす」という特徴を持っていることです。つまり、ピーリング石鹸とは肌の黒ずみや角質を取り除くことができる石鹸のことなのです。ピーリング石鹸を使うことで、肌のごわつきをなくし肌に透明感がでたり、ニキビ予防にも効果が期待できます。どうして石鹸で黒ずみや角質を取り除くことができるかというと、ピーリング石鹸にはAHAなどの酸性の成分が含まれているからです。この酸性の成分が、毛穴の汚れや古い角質を溶かすことができるため、先ほど述べたような効果が出せるのです。そして、角質などを溶かして取り除くことで、古い細胞が剥がされ新しい細胞が生まれ肌が再生されます。角質を